本文へスキップ
〒104-0061
東京都中央区銀座1-15-12 JMSビル1F
TEL 03-3535-4772
FAX 03-3535-4773
MAIL staff@dachs.jp
営業時間 11:00〜19:00
(祝日を除く火曜定休)

ミニチュアダックスのブリーダーとして、自分自身が経験したり感じた事から、納得のできるものを作っていき、同じ思いを持っている
ダックスフンドのオーナー様やそのワンちゃんに喜んでいただけたら…という思いが銀座ダックスダックスの始まりでした。
ダックス専門店のDDドッグフードやサプリメントはロング、ワイヤー、スムース、
そして、小型犬〜大型犬まで沢山のワンちゃんに愛用いただいております。
ミニチュアダックスの子犬、洋服やミニチュアダックスフンドの飼い方、しつけ、
ヘルニアやアレルギー等の健康のお悩みやご相談も銀座ダックスダックスへ。
トリミングやビューティーケア、一時お預かりも行っております☆
ドッグフードサンプルもございますのでお気軽にお問合わせ下さい。

フードDD Food


Bachelor of Science in Holistic Nutrition
米国ホリスティック栄養学士
三箇 龍仁


「来年から国内でフードを作りますよ〜!!」

「???えっ!?」

2007年の秋、
銀座DAXDACHS斜め前の「チャンタオカフェ」でお昼ご飯を食べながら私が巳作オーナーに「国産・ドッグフード」の事を伝えた最初の会話です。

カナダの工場に製造をお願いして製造していた「DDオリジナルフード」も非常に良いフードでした。
しかし、看板犬の「ララ姫」にはあまり魅力的ではなかったらしく食が細いのが私には気がかりでした。

以前よりララの食は細く、2〜3日間、頑固に食べない事も年に2〜3回、そのたびに苦労したものです。


2007年の夏、自宅で飼っていた柴犬ミックスの「ミルク」が16歳で亡くなりました。
「ミルク」は長女が小学生の頃、どうしても「犬」が欲しいと近所のショップ店頭に「差し上げます」の札がかかっていた子です。

「ミルク」が倒れたのは夏の暑い盛り、長女は丁度旅行中、すぐに獣医さんの所へ・・・
長女が帰ってくるのは2日後の午後、意識も無く何時心肺停止してもおかしくない状況の中、次女が床ずれしないように体の位置を変えながら投薬・・・
長女には「おうちに帰る前にTELしてね」とだけメールしました。


長女が帰宅して2時間後、娘達が見守る中、安心しきった表情で「ミルク」は眠るように息を引き取りました。

16年前の晴れた日、「ミルク」をショップから頂いてきた帰りに立ち寄ったハンバーガー屋さんでの長女の本当に、本当に嬉しそうな顔いっぱいの笑顔、カワイイ、カワイイ、と言いながら、おっかなびっくりで触っていた次女の笑顔・・・
千切れんばかりに尻尾を振って娘たちの手の中で喜んでいた子犬の「ミルク」・・・、

彼女はいっぱいの想い出と優しさを私たち家族と「ミルク」に接した多くの方々に残してくれました。
「ミルク」の死は私に看板犬達や「銀座DAXDACHS」のお友達に、少しでも「健康」で「美しく」
そして「長生き」をしてもらう為の「もっと素晴しいフード」の開発を決心させてくれました。


国内のペットフード工場、飼料工場、食品工場、はもちろん、私の専門であるサプリメント工場にまで「私のレシピによるドッグフード製造」を打診しました。

先ず問題になったのは「全てを人間用の素材で製造する事」でした。
各工場で使用する材料は乾燥した肉や卵、生鮮食品を使用しての製造は
非常にコストが高く現実的ではありませんでした。
食品工場では「ペットフード」を作ると評判が悪くなり、サプリメント工場では製造の為の装置自体がありませんでした。

結局、製造方法、製造機械、全て自分で研究し、応用開発する他ありませんでした。
レストランや家庭で使用するのと同じ肉、米、小麦、食材へのこだわりは使用する「なたね油」や「蜂蜜」、等にも至りました。

人間以上に小さく敏感なWANちゃん達にとって
素材は非常に重要です。


<<フードTOPへ戻る

株式会社ジャパン・メディア・システムズ 銀座DAXDACHS事業部

〒104-0061
東京都中央区銀座1-15-12
JMSビル1F
TEL 03-3535-4772
FAX 03-3535-4773
MAIL staff@dachs.jp